北野天満宮 参拝と水占みくじ(京都)

投稿日:

北野天満宮に梅苑と宝刀展の拝観を目的に参拝して来ました。北野天満宮のきたのみたらしみず占みくじもはじめて占ってみました。

国宝社殿の権現造

今回は北門から境内へ。最近神社について勉強をしはじめ、北野天満宮の社殿は複雑な「権現造」と知りました。本殿と拝殿を石の間で連結した複合社殿で、北野天満宮など霊廟的性格を持った神社に多い建築様式です。また左右に楽の間がある豪華な社殿です。北門から参拝したのでこの本殿や楽の間を拝殿より先に見ることが出来ます。

御后三柱

中央に「石の間」、向かって左が「本殿」右が「拝殿」

本殿

手前から「本殿」「拝殿」「楽の間」・・・でいいのかな?

拝殿

回廊工事中につき御朱印受付所が移動中

前回参拝した時は拝殿が改修工事中でしたが、今回は既に終わっていました。その代わり東回廊(かな?)が改修工事中でした。

このため御朱印の受付場所だった授与所が使用できないので、御朱印受付は宝物殿の前に移動していました。絵馬やお守りの授与品は西回廊で授与されています。

授与所が工事のため閉鎖中

宝物殿前に移動している御朱印受付所

三光門

三光門も神社について勉強したのでじっくり観てみました。「日・月・星」の彫刻があることから「三光門」。しかし実際には「星」の彫刻はなく、ちょうどこの門の上に北極星が輝くことから描かれておらず「星欠けの三光門」と呼ばれています。しかし、月と日の彫刻見つけられなかった・・・。

神紋「梅鉢」

境内のあちこちで神紋の「梅鉢」を見ることが出来ました。天満宮と言ったらやっぱり梅ですよね。

北野天満宮の狛犬たち

御祭神菅原道真公の物語で牛の登場は欠かせず、境内ではなで牛をよく見かけます。しかし狛犬も結構たくさん居るんですよね。

天満宮といえば牛ですが・・・

水占みくじ

今回北野天満宮参拝の目的の一つは梅苑拝観で、ちょうど梅苑エリアに「きたの水占みくじ」が設置されていて興味を惹かれました。おみくじの種類は5種類。水に浮かべると文字が浮かび上がってきます。

なんだかこれ松江旅行で訪れたの八重垣神社の鏡の池占いを思い出しちゃいました。ちょっと思い出に浸りつつ、せっかくなので「楽」のおみくじを占ってみました。

結果は末吉。お告げより先に「英語表記あるんだ・・・」と海外からの参拝者の配慮に感心。まぁ結構以前から神社でも英語表記のものって結構ありますよね。

水占みくじの説明

初穂料300円

福(青色)芸術上達・業務成就・成績向上・目的達成・スポーツ向け
喜(赤色)良縁成就・子宝成就・家内安全・縁結び
寿(黄色)金運向上・商売繁盛・祝福招来・職務繁栄
祝(紫色)身体安全・健康回復・病気平癒・延命長寿
楽(白色)開運祝福・心願成就・就職成就・趣味達成

普段は無料エリアですが梅苑開催中は有料エリア内になります

おみくじの結果

八重垣神社・神魂神社の御朱印(島根県)

松江旅行へ出かけた最終日に八重垣神社と神魂神社へ参拝して来ました。

北野天満宮

所在地: 〒602-8386 京都府京都市上京区馬喰町 →GoogleMapで開く
祭神: 菅原道真公
神紋: 梅鉢
本殿造: 権現造
参拝時間: 5:00〜18:00(4月〜9月)、5:30〜17:30(10月〜3月)
社務所: 9:00〜17:00
公式サイト: 北野天満宮

-京都府
-, ,

Copyright© くしなの御朱印めぐり , 2022 All Rights Reserved.